手術入院した時の忘れてた話。


10月になってしまいました。

というか、先月1日しか日記ってない事に気づき。

体調は元に戻りつつあるのですが、まだ時折、内臓を抓るような痛みがあります。
同じ手術された方のお話を伺うに、2・3か月は最低でも痛むようなので、
まだまだ我慢の必要がありますが、取り敢えずは人並みの生活には戻れたので良しとする。

もう朝晩と涼しい季節になってきた中で、次期外れなお話を。

怖い話の部類というより、
「こんな事があった」という洒落の域でお気楽にお聞き下さい。


手術入院してた時のお話なのですが。

某が入院していた病室は4人部屋で、
某が入った事できっちり4人ベッドが埋まっておりました。

某が手術して二晩目の夜。
夜型人間なので眠れず、二時は既に過ぎてた位の真夜中です。

某の斜前の患者の御婦人がいきなり
「やめてよっ!!」
と大声で怒鳴ったんです。

カーテンで仕切られてはいるものの、
某の前と隣の患者さんもその大声に飛び起きる気配がしてました。

しかしながらその後、その一言を発しただけで斜前の御武人は眠られた様子 だったので
「寝言か。てか、あんな大音量の寝言言う人と同質かいっ!?」 と、やれやれな気分でその晩は過ぎ。

その次の晩。
やはり同じ真夜中。

今度は、某の前のベッドの御武人が
「やめてよ!!寝てるんだから!!」 と、
いきなり大声を発しました。

そのご婦人も、その一言を発した後、何事も無なかったように静かに寝ている様子です。

次の日の朝。
二日連続で、御武人方の大きな寝言を食らった事を思い、
「前の御婦人も寝言言う人か。参ったなー…」
とため息ついたりしていたのですが、

その日の晩。

今度は、某の隣のベッドからいきなり大声が。

「ひぃぃぃぃ!!!×○☆6riof;skg%&'$…」

早口で何か言ってるが聞き取れません。
お経を何度も唱えてるようにも聞こえます。

その直後、隣の御婦人のすすり泣く声が。
「やめて…お願い。やめて…」と、哀願してる様子です。

(隣の御婦人も寝言人ですかい…(TT▽TT))と 更に参りました。
つか、四人中三人が寝言言う人って。


その日の朝、この三日間の流れを思い出し、
ふとこう思う。

「この流れだと、今晩は某が寝言言う番だよな。 でも某、寝言言う人じゃないし…」

三人の御武人が揃いもそろって似たような拒否する寝言を言ってたのも 気になりましたが、その日の夜はすっかり忘れ、 珍しく早めに眠りにつきました。


と。


いきなり、某の両頬を叩く人がいます。

看護婦さんが用あって夜中というのに起こしに来たのかと、
瞬時に思い目を開けると、

某の真ん前に顔があります。

暗くてはっきり見えはしないのですが、

「v💪👋:[O.O:-D&¥…キャハハ」
と笑う声を聴き、シルエットとその声から察するに幼女のようです。

しかも顔が逆さまなので、仮に人と断定したとしたら、
壁から上半身だけ出して某を覗き込んでる感じなのです。

で、とっさに声が出そうになりました。

「やめてよ!」 と。

…と思ったものの、
三人の御婦人の寝言を瞬時に思い出し、
「これか」と察した瞬間、声を殺しました。
何かここで某が声だしたら、してやったりのような気がしたので…。(笑)


で、その日の朝。

ここまでの流れを全て思い出し、こういう結論を出しました。


夜中に悲鳴を上げた順番というのが手術を受けた順番なのです。

つまり、2.3日は麻酔付けになるので、
麻酔がタイムラグで見せる幻覚の一種なのではないかと。

そう思った途端「そかそか。そういう事か。」と 勝手に納得したのですが、

思い出した事が一つあり。


某の隣の御婦人が大声で泣きながら寝言を言ってた時、

実は、
その御婦人以外の、もう一つの囁く声を聴いてるんです。

(あれ。隣のベッドにもう一人いる)と感じたという話なのですが。



そういう事がありました、というお話でした。
お粗末。

お粗末さん。


(レスです)
★10/02 度会佳太朗さま
誰かと気づくのに凄く時間掛かってしまいました(笑)。
N村に確認して、やっとどなたか解りましたよ!

何年…いえ、何10年ぶりになるのですかね。
まさか"K兄さん"とは思いませんでした。

お元気ですか…と言いたかったのですが、
お身体をかなり壊されてるようですね。

どうか大事にお過ごし下さい。

いつかまた、N村も交えて飲みにでも行きませんか?

お気遣いのメッセージ、有難う御座いました!



他、多数拍手頂き感謝です。


手術入院した結果。(其の二)


手術から一か月近く経ちました。

現状的には大分動けるようになり。

ただ、やっばまだ腹部の痛みがあり、長時間座るという事が出来ず、長距離を歩くのもまだ 内臓に負担ある感じです。
内臓一つ無くなった分、他の内臓の位置が変わったせいか、そこがまだ安定してないという感じですかね。

しかしながら、やはり身体の悪い部分を取ったという事で、体調に変化はあります。
すっかり老け込んでいた雰囲気も無くなり、「ハゲてまう〜!!(TT▽TT)」と不安になってた異常な脱毛も治まりました。
この脱毛の要因も、薬のせいなのか腫瘍のせいなのか、ストレスだったのかはハッキリしませんが。

あと、内容物が無くなった分だけお腹が凹んだという。
結果的に身体が軽くなり良かったです。

時間が経つにつれ抗がん剤の副作用も和らぎ、悩みどころだったホットフラッシュの回数も減ってきていて、 不眠症も治りました。

昨日は術後診察で通院したのですが、衝撃的な写真を見せられ。

摘出した子宮の検査結果の写真だったのですが…

手術担当医の言った通り、ぜんっぜん腫瘍が小さく無かった、という事で。

いえ、抗がん剤投与で少しは小さくなっている、というのはMRIで確認済みなのですが、
内視鏡手術で摘出するに最適でなかった、というのは素人にも解るレベルで。

なんと言いますかね、

写真を見せながら医師が説明してるんですが、
「腫瘍は、これと、これと、これとこれと…(続く)」

病理検査の結果一部を引用すると、
『子宮体・底部に筋層内筋腫多発、漿膜下筋腫を確認、
内膜に萎縮性、頸部に慢性炎症性細胞浸潤を確認…』
などなど書かれており。


早い話、もう子宮じゃなくって腫瘍だけの塊だった、って話なのですよ。

MRIと内診で以前そんな状態は確認済ではあったものの、実物を見るとグロテスク極まりなし。
外にも中にも腫瘍、腫瘍。子宮部分ゼロ…。

医師にもしょっちゅう「大丈夫ですか?こんなに大きい腫瘍だらけで、身体が辛いでしょう」と 心配して頂いてたのですが、我ながら、よくこんなものを抱えて普通に暮らしてたな、と。

手術痕も少しづつ治ってきていますので、もう暫しお待ち下され。


(レスです)
★9/4 悠布さま
おお、悠布さま、わざわざ退院祝いのお言葉感謝です!

体調が万全になりましたら、お約束通り飲みに行きましょう!
夜は涼しくなって参りましたので、悠布さまも体調を気遣ってお過ごし下さい。
コメント有難う御座いました!

★9/9 瑠璃さま
瑠璃さま、労いのお言葉感謝です!
はい!これからが楽しい人生と、心機一転の気持ちで頑張ります!

ああ…瑠璃さまは、まだあと一年もリュープリン投与なさるのですね。
お辛いでしょう。
本当にホットフラッシュはキツイですね。時間間隔で来るのもキツイのに、 集中力が高まると必ずこのホットフラッシュに妨害されたのも悩みの種でした。

某以上に大変なご病気を抱えてらっしゃるのに、いつも有難い励ましを頂き、大変救われました。
こんな者ですが、今後も是非仲良くしてやって下さい。
コメント有難う御座いました!


他、多数の拍手、お気遣いのお言葉を頂き、本当に有難う御座います!


手術入院した結果。(其の一)

無事帰還致しました。
つか、退院しました。

少しずつ動けるようになったので日記しまする。

取りあえず今一番言いたいのは、

内臓一つ取られるって、
こんなにダメージキツイんですな(TT▽TT)。

もちろん、まだ縫合の糸が皮膚にも内臓にもある状態で、
体内・体外共に引きつる痛みがあるので、常に鎮痛剤を飲んでる状態です。

あとやはり、筋肉を切られるってのは辛いですね。
腹部に力を入れられないので、簡単な動作が出来ないんですよ。
というか、
切腹して死に損なった人って、こんな激痛を味わってるのかとつい思ってしまいました。

実は手術時間は当初、2時間の予定だったのですが、
結局内視鏡手術ではキツイほど腫瘍は小さくなってなかったので3時間かかってしまい。


簡単に言うと

外来担当医「腫瘍小さくなってるよ。内視鏡イケんじゃね?」
手術医 「全然小さくなってねーじゃん!Σ(゜゜)どーするよコレ!?」

という行き違いがあり。

開腹に切り替えるか、ダメージを少なくする為に、無理やりにでも内視鏡摘出に持ち込むか 悩みながらオペされたのでしょう。

結果的に切開場所が多くなり、傷も大きくなってしまったので、 当初の予想よりダメージ受けてしまった、というオチで。

暫くは歩行困難で、上半身も補助無しでは起こせない日が続いたのですが、 今は室内でゆっくりなら歩けるようになり。

ただ、現在は「座る」という事がかなり苦痛ですね。

でも、退院に至る術後検査の時、 担当医さんからこんな事を言われ。

「術前と顔が変わりましたね。
何というかスッキリしたというか、憑き物が取れたような顔になりましたね。」
と。

病気発覚から半年以上(症状出始めを入れると更に1年以上)の苦しみから解放されたんですもの。
そりゃ有難いです。

退院後も1か月の安静を申し付けられているので、 もう暫く自粛生活になりますが、 その後はまた更新なり仕事なりを頑張ります。

この間もたくさん拍手と心配のお言葉を頂き、とても感謝しております。
有難う御座います。


(レスです)
★8/27 瑠璃さま
お気遣いのコメント感謝です瑠璃さま!
この通り、無事手術が済み退院致しました。
その節は、元気をくれる優しいお言葉をたくさん下さり本当に御礼申し上げます。
またいつでも遊びに来てやって下さい!
コメント有難う御座いました!



入院中にオリンピック終わってしまったナリよー!!
とほー



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Work site

           
           

★ぜひとも見て欲しい動画

selected entries

categories

archives

          

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
アクセスカウンター