羽織るヒットラー。



ヒトラー総統がなんとまあ紋付袴とは。

なんかとてもお似合いなのが意外です。
総統は背も小さい御仁だったので、そこも似合う要因かと。(笑)

で、ここ最近話題になってるこの写真ですが、記事上ではこういう事らしく。

『英紙「デイリー・エクスプレス」電子版に発表され、英紙「デイリー・メール」電子版に掲載された。
両紙によると、この写真は1930年代に撮影されたが、具体的な撮影背景と期日は不明だが、
1936年11月にナチスドイツと日本の間で調印された防共協定を記念して撮影されたものではないかとされている。

「デイリー・メール」によると、ヒトラーは軍服のイメージが強いが、和服姿の写真はちょっと変わった印象でこっけいでおかしい。
ヒトラーはイメージを非常に重視し、気に入らない写真は全て封印していた。
今年4月に公開された、ヒトラーが封印していた写真には、「第三帝国の元首」が「威厳を損なう」とみなしたショートパンツ、膝までの長い白い靴下姿の写真がある。
「デイリー・エクスプレス」によると、この和服姿のヒトラーの写真は、他の写真に比べて最も異質的なもので、ヒトラーは永遠に人目に触れないようにしたいと思っていたものだと推測される。

今まで誰も見たことのなかったヒトラーの和装姿は、1936年に大日本帝国とナチス・ドイツの間で調印された日独防共協定(のちに枢軸体制へと発展)を記念して撮影されたと考えられている。
撮影者や撮影場所についてハッキリしたことは判明していないが、当時ヒトラーを崇拝する人々の間で出回っていた雑誌に収録されていたという。
今年の初めに発見され、ついに一般公開されたのだ。

軍服姿のイメージが強いヒトラーが着物で正装している様子は、確かに人々の意表をつくものだ。
しかし、この写真をもってヒトラーが日本人や日本文化を深く理解していたと考えるのは早計だろう。
彼は、著書『わが闘争』において、「一等種(文化創造種)はアーリア民族であり、日本人や他の民族は二等種(文化追従種)に過ぎない」と明確に定義している。
いずれにしても、戦後70年の節目となる今年、さまざまな新しい発見がなされているようだ。』


"しかし、この写真をもってヒトラーが日本人や日本文化を深く理解していたと考えるのは早計だろう。
彼は、著書『わが闘争』において、「一等種(文化創造種)はアーリア民族であり、日本人や他の民族は二等種(文化追従種)に過ぎない」と明確に定義している。"

この部分は正解だと思いますね。
実際はコンプレックスだらけだったという総統のエリート主義、また、そういう徹底したナチスの体制の中で日本文化の理解なぞ主張する訳なし。

この写真が本物なら、隠蔽してた理由はそこにもあるのでしょう。
ただ、その上で「着た」としたら、意外に総統は寛容な方のような気がしますが…(笑)

さてそんな中、第二次大戦中、ドイツと同盟国だった日本人の反応は、

「実はチャップリンじゃね?」

「"娘さんを下さい"って言ったら、無言で殴ってきそうな親父だな」

「ちゃぶ台とお茶と新聞紙も加えて欲しい」

…と、呑気なとても日本らしい笑うコメばっかですが、

やはり外国人、特に第二次大戦で因縁ある国の方々には心象宜しく無いのは元より、反応は様々のようです。

【海外の反応】ヒトラーが日本の着物を着てる写真が発見され海外で話題に!

しかしながら思うのは、なんでこのタイミングでこの写真なんですかね。
終戦70周年を見据えて感満載なんですが、

そんな訳で、こんな疑惑意見も出る訳です。

「ナチス=日本という反感を持たせる為の偽造写真(コラ)じゃないのか」

「某国の嫌がらせじゃないのか」

とか。

なんだろうなぁ。
この写真、コラだったらよく出来てるんですが、コラっぽくないんだよな。
外国人によるコラだったら、紋付袴とか選ぶかなと。
胸元の紋もここまで拘ってやるかなとも思うし、全体の写真の傷も違和感無いです。

ナチスドイツによる被害国・被害者の方々にはもちろん複雑な思いがあると思いますし、そこは悲しい歴史の一つとして同情いたしますが、
こういう写真はまた、新しい歴史(歴史的人物の一面)を知るのにも非常に貴重なので、他の歴史に関してもどんどん発見されたら嬉しいですね。




……とか言って、ホントに精巧なコラだったりして。


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Work site

           
           

★ぜひとも見て欲しい動画

寒い時期クルマを使う人へ教えてあげて(クリック)↓


猫バンバンプロジェクト

selected entries

categories

archives

          

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
アクセスカウンター