楳図かずお先生原作「おろち」。

誕生日をすっ飛ばし、かなりの沈黙してしまいました。

色々忙しかったので黙ってただけなのですが、そーですねぇ…

ここ最近、昔の漫画を見るという事に嵌ってます。
Amazonで旧作品を買ったりしてるんですが、某漫画家さんから拝借して「はだしのゲン」を読破してみたり、いまの所は楳図かずお先生の作品制覇を狙ってます。

楳図先生の作品、結構読んでないのがあったのですが、
取り敢えず「洗礼」「漂流教室」は傑作であります。
(ちなみに映画はゴミだったでありんす)


「洗礼」のショッキングなワンカット。


で、「おろち」も読んでみたりして。

某、この漫画、ずーっとただの蛇女かなんかの妖怪漫画と思っていたのですが、オムニバス式の人間ドラマで面白い…
のですが、基本的に昔の外国映画のパクリが多いのがちょっと減点要素な作品。

んで、ついでに映画「おろち」も見てみる。


映画は原作一話目の「姉妹」という一話と最終話の「血」を混ぜ合わせたストーリーになっており、
ちょっとだけ「洗礼」テイスト入ってる感じなのですが、
まあ、全体としてはテンポも悪く無くて楳図映画は駄作だらけな中、比較的良い仕上がりにはなっているものの…

まずは主役おろちちゃんを演じてる谷村美月ちゃんが、ちょっと彼女のイメージではないなぁ。
原作のおろち↑

谷村美月ちゃん自身は可愛いと思うのですが、原作のおろちが絶世の美少女なだけに、微妙にガッカリしてしまったのは某だけだろうか。舌足らずな話し方とか、演技してる感が受け付けなかったのかもしれませんが。

また、違う話を無理矢理くっつけてるせいで、どうも辻褄が合ってない部分があったり。
原作では衝撃の事実が知らされるラストでのシーンの演出力が高かっただけに、この映画の最大の見所であるはずの大事なそのシーンが全く衝撃感無かった、という演出不足もガッカリポイント。

でも、決して駄作ではないのではないかと。

というより、せっかくなら丹念に造った全ストーリーを一話づつやった方が世界観も受け入れられやすいのに、と思いましたが…
最近のテレビドラマの造りはもっと酷いという現状を考えると、それもどうかな、という感じですかね。(_ _)


あ、お誕生日祝いコメント、メールを下さった方々、有難う御座います!

また一歩、老体に近づきました!!(TT▽TT)/

おまけ

映画「おろち」予告編








コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Work site

           
           

★ぜひとも見て欲しい動画

selected entries

categories

archives

          

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
アクセスカウンター