あの漫画を買ってみる

前々から気になっていた漫画を購入してみる。


「テコンダー朴」 (原作・白正男/画・山戸大輔)

ネットで度々話題になってるので、御存知の御方も多いかと。
これが1月に2巻が発売されると聞き、一部の内容を拝見するに興味が止まらなかったので、
とうとう買ってしまったという次第で。

…しかし¥1200とは、お高い単行本ですなぁ。

内容のお話からすると、一見反日漫画のように感じるのですが、
まあ、何と言いますか…
至って良い言い方をすれば「風刺漫画」
違う言い方をするなら、 「皮肉漫画」 です。(笑)

これは韓国の御方はどう見られてるのかと思っておりましたが、
かなり否定的に見ていらっしゃるらしく、
まずは皮肉という事は通じておられるようで(ギャグという事は通じてらっしゃらないようですが)、
まあ、韓国でも安重根が現代に蘇って日本を潰すというギャグ(かマジかは不明)小説がある
ようなので、ドッコイお相子という事でお許し願いたい所ではありますが。

基本的に、一つの漫画作品として見ると色々と成立していないストーリー展開であり、
キャラクター達の立場や目的に対してもあまり入り込めません。

主人公である朴星日(パク スンシル)君に感情移入も同調も出来ないという、
「主人公は読者に愛されなければいけない」という基本も成立しておりません。

が、風刺漫画としてはかなり爆笑ポイントが高く、
「出版社も作者さんも冒険したなぁ〜」と感心するばかり。



ストーリーは、
韓国人であるテコンドーの達人・朴星日くんが、
在日韓国人を守りながら非道な日本人格闘家たちを破っていき、
南北に生き別れた兄弟が朝鮮半島統一という夢を抱きつつ、
世界支配(笑)しようとしている日本の黒幕に辿り着く…というだけのお話で、
早い話、昔の中国の拳法映画のノリです。

色々とブラッキーなギャグを挟んで来るのですが、
某的には 「韓国起源説」ギャグがツボで。

例えば、各国の伝統武芸に関する起源を主張するシーンなのですが、
この 「衝撃の、怒涛の連発壁画ネタ」が好きで。(笑)


↓と言ってみたり

↓と言ってみたり

↓と言ってみたり


「起源の出どころが全部同じ壁画!?」
「てか、根拠が"壁画の絵のみ"って…!!」
…の、どちらを突っ込めば良いのか大変迷います。


お、おう…!


ちなみにこの作品、2人イケメンさんが登場致します。

一人は主人公・朴クンのお兄さん、
朴英日(パクヨンイル)さん。(北朝鮮の陸軍少佐らしい)


そして、もう一人は中国人の武闘家・さんなのですが…


劇中、一番マトモな事を言ってるのはこの人だけのような気がします…。(笑)


こんな有名な方々も登場致します。
名前とお顔からモデルは言わずもがななので。

そんな訳で、年末にして、今年一番笑った漫画第一位に輝きましたので 改めて紹介させて頂きました。

来年早々の新刊も是非購入させて頂こうかと。



という訳で、
…ブログのおサボが最近酷いので頑張ってみた。


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Work site

           
           

★ぜひとも見て欲しい動画

寒い時期クルマを使う人へ教えてあげて(クリック)↓


猫バンバンプロジェクト

selected entries

categories

archives

          

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
アクセスカウンター