手術入院した結果。(其の二)


手術から一か月近く経ちました。

現状的には大分動けるようになり。

ただ、やっばまだ腹部の痛みがあり、長時間座るという事が出来ず、長距離を歩くのもまだ 内臓に負担ある感じです。
内臓一つ無くなった分、他の内臓の位置が変わったせいか、そこがまだ安定してないという感じですかね。

しかしながら、やはり身体の悪い部分を取ったという事で、体調に変化はあります。
すっかり老け込んでいた雰囲気も無くなり、「ハゲてまう〜!!(TT▽TT)」と不安になってた異常な脱毛も治まりました。
この脱毛の要因も、薬のせいなのか腫瘍のせいなのか、ストレスだったのかはハッキリしませんが。

あと、内容物が無くなった分だけお腹が凹んだという。
結果的に身体が軽くなり良かったです。

時間が経つにつれ抗がん剤の副作用も和らぎ、悩みどころだったホットフラッシュの回数も減ってきていて、 不眠症も治りました。

昨日は術後診察で通院したのですが、衝撃的な写真を見せられ。

摘出した子宮の検査結果の写真だったのですが…

手術担当医の言った通り、ぜんっぜん腫瘍が小さく無かった、という事で。

いえ、抗がん剤投与で少しは小さくなっている、というのはMRIで確認済みなのですが、
内視鏡手術で摘出するに最適でなかった、というのは素人にも解るレベルで。

なんと言いますかね、

写真を見せながら医師が説明してるんですが、
「腫瘍は、これと、これと、これとこれと…(続く)」

病理検査の結果一部を引用すると、
『子宮体・底部に筋層内筋腫多発、漿膜下筋腫を確認、
内膜に萎縮性、頸部に慢性炎症性細胞浸潤を確認…』
などなど書かれており。


早い話、もう子宮じゃなくって腫瘍だけの塊だった、って話なのですよ。

MRIと内診で以前そんな状態は確認済ではあったものの、実物を見るとグロテスク極まりなし。
外にも中にも腫瘍、腫瘍。子宮部分ゼロ…。

医師にもしょっちゅう「大丈夫ですか?こんなに大きい腫瘍だらけで、身体が辛いでしょう」と 心配して頂いてたのですが、我ながら、よくこんなものを抱えて普通に暮らしてたな、と。

手術痕も少しづつ治ってきていますので、もう暫しお待ち下され。


(レスです)
★9/4 悠布さま
おお、悠布さま、わざわざ退院祝いのお言葉感謝です!

体調が万全になりましたら、お約束通り飲みに行きましょう!
夜は涼しくなって参りましたので、悠布さまも体調を気遣ってお過ごし下さい。
コメント有難う御座いました!

★9/9 瑠璃さま
瑠璃さま、労いのお言葉感謝です!
はい!これからが楽しい人生と、心機一転の気持ちで頑張ります!

ああ…瑠璃さまは、まだあと一年もリュープリン投与なさるのですね。
お辛いでしょう。
本当にホットフラッシュはキツイですね。時間間隔で来るのもキツイのに、 集中力が高まると必ずこのホットフラッシュに妨害されたのも悩みの種でした。

某以上に大変なご病気を抱えてらっしゃるのに、いつも有難い励ましを頂き、大変救われました。
こんな者ですが、今後も是非仲良くしてやって下さい。
コメント有難う御座いました!


他、多数の拍手、お気遣いのお言葉を頂き、本当に有難う御座います!


コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2016/10/02 11:55 PM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Work site

           
           

★ぜひとも見て欲しい動画

寒い時期クルマを使う人へ教えてあげて(クリック)↓


猫バンバンプロジェクト

selected entries

categories

archives

          

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
アクセスカウンター