とうとうオス化が始まりました。


五輪エンブレムが決定しましたね。

デザイナー・野老朝雄氏の名前がまず凄い(笑)。
あれで「ところ」って読むんですな。日本人の苗字の豊富には毎度驚きます。


候補エンブレムは四作品あったのですが、某は↑B案がまあいいかな、と思ってたものの、
正直、全候補「帯に短し…」的な印象がありました。

結局、色や組み合わせを変えたり、商品にした場合に可能性が広がるデザインが最適というのが 一番の条件なわけですね。
それならばこれでもいいでしょう。

…よく考えたら、他国の過去オリンピックエンブレムの中にも、
「これナシじゃろ」というのもいっぱいあった事を考えれば、全然クールに整ってる気も。

というか、幾何学模様を得意とする野老氏の作品はパーツを組み替えても同じだったりと、 そういう計算の元に作られてるのは凄いですね。

まずはエンブレムが決まって良かったです。
…後は、何も問題が起きない事を祈る。(笑)


で。

二回目の抗がん剤リュープリン投与から暫く経ちましたが。


こういう事って……


とうとう身体のオス化が始まりました(TT▽TT)


男性ホルモン誘導体の薬とはいえ、そんな事も無いだろうと思ってた上にそんな前例も特に聞かないので 気にもしてなかったのですが、
中には「同剤の長期投与で身体が男になった」というお方もいらっしゃると聞きつつ、
某はまだ二回目投与だし、そんなに長期投与でないのでありえないと思ってたのですが…。

女性ホルモン抑制剤の中で一番強い薬とは言いつつも、そういう副作用はありえない。

…ありえない…

とは言っても、副作用に個人差がかなりあるのは事実。


取りあえず、おっぱいとお尻が無くなってきました。

「ぇ?痩せただけじゃねーの?」と言われそうですが、
何度も肋骨が浮き出るほどの激ヤセを経験した身として、全然違うんですよ。

どんなに痩せても、おっぱいの中には乳腺などもあり、
御婦人なら、触れば大きさに関わらず芯や張りを感じるはずです。

それが無くなってるんですよっ!!
つまり、中が空っぽな感じなんです。

お尻も固く小さくなって来たし、なんか身体の筋肉がやたら目立つ…。
男の体に小さい胸をつけた感じの身体です。なんぞこれ。


こんな状態を知り、実は一番嘆いているのは母上


「…せっかく女の子に産んであげたのに…。子宮を失う上に、身体が男になっちゃうなんて。
少しでも女の部分が残ればいいのに、可哀そうに。私が変わってあげたい…。」
と涙目に。

御心配は有難いのですが、そこまで言われると同情も痛いだけなんですが。


つか、


男になってたまるかっ!!


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Work site

           
           

★ぜひとも見て欲しい動画

寒い時期クルマを使う人へ教えてあげて(クリック)↓


猫バンバンプロジェクト

selected entries

categories

archives

          

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
アクセスカウンター