楳図かずお先生原作「おろち」。

誕生日をすっ飛ばし、かなりの沈黙してしまいました。

色々忙しかったので黙ってただけなのですが、そーですねぇ…

ここ最近、昔の漫画を見るという事に嵌ってます。
Amazonで旧作品を買ったりしてるんですが、某漫画家さんから拝借して「はだしのゲン」を読破してみたり、いまの所は楳図かずお先生の作品制覇を狙ってます。

楳図先生の作品、結構読んでないのがあったのですが、
取り敢えず「洗礼」「漂流教室」は傑作であります。
(ちなみに映画はゴミだったでありんす)


「洗礼」のショッキングなワンカット。


で、「おろち」も読んでみたりして。

某、この漫画、ずーっとただの蛇女かなんかの妖怪漫画と思っていたのですが、オムニバス式の人間ドラマで面白い…
のですが、基本的に昔の外国映画のパクリが多いのがちょっと減点要素な作品。

んで、ついでに映画「おろち」も見てみる。


映画は原作一話目の「姉妹」という一話と最終話の「血」を混ぜ合わせたストーリーになっており、
ちょっとだけ「洗礼」テイスト入ってる感じなのですが、
まあ、全体としてはテンポも悪く無くて楳図映画は駄作だらけな中、比較的良い仕上がりにはなっているものの…

まずは主役おろちちゃんを演じてる谷村美月ちゃんが、ちょっと彼女のイメージではないなぁ。
原作のおろち↑

谷村美月ちゃん自身は可愛いと思うのですが、原作のおろちが絶世の美少女なだけに、微妙にガッカリしてしまったのは某だけだろうか。舌足らずな話し方とか、演技してる感が受け付けなかったのかもしれませんが。

また、違う話を無理矢理くっつけてるせいで、どうも辻褄が合ってない部分があったり。
原作では衝撃の事実が知らされるラストでのシーンの演出力が高かっただけに、この映画の最大の見所であるはずの大事なそのシーンが全く衝撃感無かった、という演出不足もガッカリポイント。

でも、決して駄作ではないのではないかと。

というより、せっかくなら丹念に造った全ストーリーを一話づつやった方が世界観も受け入れられやすいのに、と思いましたが…
最近のテレビドラマの造りはもっと酷いという現状を考えると、それもどうかな、という感じですかね。(_ _)


あ、お誕生日祝いコメント、メールを下さった方々、有難う御座います!

また一歩、老体に近づきました!!(TT▽TT)/

おまけ

映画「おろち」予告編








某出版社の事件について。

某K社の編集者の殺人容疑という報道。

この手のお話について発言は控えたいとこなんですが…

今回の報道については、ちょっとあんまりな事が多いですね。

まず正直なお話、漫画業界の編集さんに在日韓国人の御方は確かに結構おります。
というより、中国系の御方も居たりします。

確かに中には、独特の思想やプロパガンダを作品に要求してくる変な御方もいますが、純粋に漫画が好きで良い漫画を造ろうとしてる御方もおり、それは逆に普通に日本人の編集さんにもそういう方々はおります。

それはまた置いといて。

某有名作品の生みの親」というのをメディアがやたら強調してくるのは何なのでしょうかね。

その某作品の生みの親でなく、その作品が掲載された雑誌の創刊時の編集長だったというだけのお話で、作品とは全く関係ないのに、作者さんに何故迷惑掛けるような報道するのでしょうか。

ネット上では、とばっちりでその某作品まで叩かれておりますが、
これらの大半は売れてる作品への嫉妬や、どさくさ紛れの人気落とし工作であるだろうとして、

問題はテレビなどでの言い方。

「奥様を殺害した容疑のある人」というのを目立たなくするかのように、
「有名漫画を生み出した優秀な編集者」というのを全面に押し出す印象操作は何なのか。
そうしないと何か都合でも悪いのでしょうかね。

訳が分かりません。

つか、話題を高める為とはいえ、殺人容疑事件と漫画をワンセットにしないで頂きたい。

あの漫画を買ってみる

前々から気になっていた漫画を購入してみる。


「テコンダー朴」 (原作・白正男/画・山戸大輔)

ネットで度々話題になってるので、御存知の御方も多いかと。
これが1月に2巻が発売されると聞き、一部の内容を拝見するに興味が止まらなかったので、
とうとう買ってしまったという次第で。

…しかし¥1200とは、お高い単行本ですなぁ。

内容のお話からすると、一見反日漫画のように感じるのですが、
まあ、何と言いますか…
至って良い言い方をすれば「風刺漫画」
違う言い方をするなら、 「皮肉漫画」 です。(笑)

これは韓国の御方はどう見られてるのかと思っておりましたが、
かなり否定的に見ていらっしゃるらしく、
まずは皮肉という事は通じておられるようで(ギャグという事は通じてらっしゃらないようですが)、
まあ、韓国でも安重根が現代に蘇って日本を潰すというギャグ(かマジかは不明)小説がある
ようなので、ドッコイお相子という事でお許し願いたい所ではありますが。

基本的に、一つの漫画作品として見ると色々と成立していないストーリー展開であり、
キャラクター達の立場や目的に対してもあまり入り込めません。

主人公である朴星日(パク スンシル)君に感情移入も同調も出来ないという、
「主人公は読者に愛されなければいけない」という基本も成立しておりません。

が、風刺漫画としてはかなり爆笑ポイントが高く、
「出版社も作者さんも冒険したなぁ〜」と感心するばかり。



ストーリーは、
韓国人であるテコンドーの達人・朴星日くんが、
在日韓国人を守りながら非道な日本人格闘家たちを破っていき、
南北に生き別れた兄弟が朝鮮半島統一という夢を抱きつつ、
世界支配(笑)しようとしている日本の黒幕に辿り着く…というだけのお話で、
早い話、昔の中国の拳法映画のノリです。

色々とブラッキーなギャグを挟んで来るのですが、
某的には 「韓国起源説」ギャグがツボで。

例えば、各国の伝統武芸に関する起源を主張するシーンなのですが、
この 「衝撃の、怒涛の連発壁画ネタ」が好きで。(笑)


↓と言ってみたり

↓と言ってみたり

↓と言ってみたり


「起源の出どころが全部同じ壁画!?」
「てか、根拠が"壁画の絵のみ"って…!!」
…の、どちらを突っ込めば良いのか大変迷います。


お、おう…!


ちなみにこの作品、2人イケメンさんが登場致します。

一人は主人公・朴クンのお兄さん、
朴英日(パクヨンイル)さん。(北朝鮮の陸軍少佐らしい)


そして、もう一人は中国人の武闘家・さんなのですが…


劇中、一番マトモな事を言ってるのはこの人だけのような気がします…。(笑)


こんな有名な方々も登場致します。
名前とお顔からモデルは言わずもがななので。

そんな訳で、年末にして、今年一番笑った漫画第一位に輝きましたので 改めて紹介させて頂きました。

来年早々の新刊も是非購入させて頂こうかと。



という訳で、
…ブログのおサボが最近酷いので頑張ってみた。


色々大変なご時世ですが。

(旧暦の)新年です。明けましておめでとう御座います。(笑)

真の新しい年周期はここから始まるというのが正しいらしいですが、それはもとより立春と言いつつ、…まだまだ寒すぎる。

北海道の一部では−20℃という極寒らしいですが、想像もつきません。
−40℃の世界ではバナナで釘が打てるそうですが、この気温でもそんな感じなんでしょーか。
…という、年齢モロバレのネタは置いといて、

この前「マツコ有吉の怒り新党」にて、以前このブログで話題にした、ガッチャマンのコンドルのジョーがバードミサイルを撃ちたくて仕方ないという例のネタの特集をやっておりました。(笑)

マツコデラックスさんの「毎回同じ事やってんの!?」というツッコミ、ナイス。(笑)

これの動画があるという話をしたら見たいという御方がいるので、再度動画を拝借させて頂く。



……何度見ても、ジョーの「一回だけやらせてくれ」の台詞は吹きます。

あ、この間も多数拍手頂き感謝です。



実際は憎いあんちくしょうを叩きのめすスポーツではない

仕事関係者の方に打ち合わせがてら行きませんか?と誘われ、行って来ました。

「あしたのジョーの時代展」



練馬区立美術館でやってるんですが、ちばてつや先生の生原稿から、
あしたのジョーのアニセル、有名イラストレーターのジョー絵、ジョーの時代の日本はどういう時代だったのか、という時代背景なども解るという、とても素晴しいものでした。


こういう生の先生の原稿がかなりの量展示されていたのですが、「ああ…、この時代の漫画原稿ってこうだったんだよなぁ…」と懐かしさが。
時の流れで少し紙が変色しているものの、生原稿の美しさに驚きました。

人によっては「今の漫画家は絵が綺麗で上手いけど、むかしの漫画家は絵が雑で下手」とか言う方もいらっしゃるのですが、これを見て、やっぱ昔の漫画家さんには敵わないと再認識いたしました。
キャラなどの主線は太い線ではあるものの、その単線が凄くクリアで美しいのですよ。

おまけに掛け合わせが繊細で濃淡が絶妙。
「アシスタントがやってんじゃねーの!?」ってツッコミが入りそうですが、
そりゃそうなんでしょうが(笑)、それにしてもやっぱこの時代の絵師さん達は凄いという事です。
何より、人物陰影の掛け合わせ線も流れが美しくてやっぱ見事。芸術です。

今の漫画家さんはトーンなどのテンプレートで慣れている方が多いので、掛け合わせが上手い方というのもごく稀になり。
今でも漫画家さんの生原稿を見る機会は多いのですが、正直、今の漫画家さんと昔の漫画家さんはやはりオーラが違います。
漫画業界の基盤を築いてきた上に、今より厳しい業界と時代を生きぬいてきた分のオーラだと思います。


色原稿も美しいです。

他に、当時アニメを手がけた有名アニメーターさんによるイラストやラフスケッチまで展示されておりました。


アニメ・あしたのジョーの作画監督であり、「ボルテスV」「コンバトラーV」や凍傷…じゃなくて「闘将ダイモス」やら、某世代のアニメの作画監督であらせられる金山昭博氏のイラスト&イメージスケッチ。


及川正通氏のジョー絵。
"ぴあ"の表紙などで有名なイラストレーターさんです。
一番ツボッたので拝借。
小保方さん新しいジョー細胞を発見したらしいです。(笑)
つか、なんで小保方さんなんだ。


もちろんアニメセルやら進行表やら台本やらも展示されていたのですが、
「あしたのジョー」といえば有名な"止め絵"。


これ、一枚の紙に描かれた絵なのかと思いきや、紙絵の上に更にセルレイヤーをのせているという、変わった技法の絵だったんですね。
原画はB2くらいなのかな、凄く大きい絵です。
そうだよなぁ…あれだけの絵をアニセルサイズで描ける訳ないものなぁ…。

他には、ジョーが連載されいていた時代に起きた事件・時代背景などを象徴した展示物も諸々。
その時代に流れていたCMなんかも流れてて、凄い!(笑)

あの時代は工場廃棄物などによる大気汚染、学生運動、反戦運動など、若者が不満を発散し切れず日本の未来を憂う、また大変な時代だったんですね。
ジョーはそういう時代の(若者の)象徴でもあるわけです。

来場されていたお客様は総じて年配の方でした。その時代の昭和を懐かしむ世代の方々です。

そうそう、あしたのジョーと言えば、アニキャラであるにも関わらず、実際葬儀が行われたというアニメ至上初の事例で有名ですが、その力石 徹の当時の葬儀祭壇が再現されてました。

すげーーーー!!

本当に戒名まで頂いてるとは!!
力石君の戒名は「偲葦\蕎米惨儺鏤痢廚蕕靴い任后
なるほど。

しかしながら流石の某でも「あしたのジョー」はタイムリーでは無いので、
某世代のタイムリーっつったらアニメの「あしたのジョー2」の方じゃないですかね。

という訳で、ジョー2の主題歌を聴いてみたくなってしまったので懐かしんでみる。↓

傷だらけの栄光 おぼ たけし.flv


いいものを…というより、貴重な物を拝見させて頂きこの展示企画とちば先生に感謝です。


おまけ。
トラジマ娘のコラ画像。↓


題 「KOされたジョー。」



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Work site

           
           

★ぜひとも見て欲しい動画

selected entries

categories

archives

          

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
アクセスカウンター