「記憶遺産」てなんぞや

中国の主張する「南京大虐殺」世界記憶遺産に登録。

なんでまたこのタイミングなんですかね(笑)…。

うーん…
某は時折中国関連の漫画を描くせいで中国の歴史に詳しいと思われ、
よく「南京大虐殺はあったと思いますか?」という質問されたりするのですが、
某は常に「あったんじゃないですかね。」と答えてました。

いえ、正確に言うなら、
「"内戦"で被害にあった市民は多かったはず」という意味です。

そもそも中国は今もってどういう歴史を教えてるのかは知りませんが、
「日中戦争は日本と中国という二国の戦争で、日本軍が一方的に侵略してきた」という認識自体がもう違うんですがね。

どの国でも戦争ってそんな単純な理由で起きるもんじゃないんですよ。

そもそも日本軍が中国に行く前から中国は三つ巴の戦いをしていた訳で。
人民軍と共産軍、共産軍を支持するロシア(当時はソ連軍)が既に派手に戦争をしており、その内乱中のどさくさに中国(人民軍と共産軍共に)日本人居留民を襲って虐殺をした、(漢口事件、済南事件)というのが日中戦争の発端なんです。

その日本人居留民を守るという目的で関東軍という保護部隊が送られたものの、結局内乱に巻き込まれてキレた日本軍が本土に援護要請し、わらわらとやってきた日本軍が居留民保護から中国侵攻という目的を変えてああなった、というのが簡単な話で。

南京事件というと南京大虐殺だけがクローズアップされますが、そもそもここは人民軍と共産軍が
常に争う要地であったという。
というより、南京で虐殺されたのは日本人もなんですよ、と。

例えば南京だけでの出来事一つ取っても、

●1913年…袁世凱の軍隊による日本人殺害・襲撃事件発生。

●1927年…国民革命軍による外国領事館・居留区襲撃および英米海軍による報復攻撃事件があり、ソ連と共産党の関与とされ、蒋介石による上海での反共クーデター(四・一ニ事件)発生、中ソ断交。

●1937年…日本軍による南京市攻略後に発生した(とされる)、軍民への虐殺・襲撃事件。(一般に言う南京大虐殺)

●1976年…周恩来追悼集会から発展した大規模な反文革デモ、「三・ニ九事件」発生。デモは北京に飛び火し(四五運動)これを弾圧(第一次天安門事件)。

中国が提示している虐殺写真の一部には、解る人にはすぐ解る、明らかに死体が日本兵・日本人というのもあるらしいですが、そもそもこの虐殺の決定的な目撃者が居ないというのはどういう事なんでしょうか。
いえ、実は当時の南京を記憶するイギリス人が報告として「2・3件の強姦事件はあった」と言っただけ。
これだけなんです。

更に言うと、この虐殺での死体の惨状。
内臓が引きずり出され、眼を抉り、手足を切断…云々。

皆様は、日本の戦史や歴史書でこんな表現や蛮行の事実を観た事ありますかね?

日本人は戦利品(誰を討ち取ったかという証)として頭部を切断する事はありますが、必要以上に人体を破壊(陵辱)するという感覚は昔から無いです。

逆に、こういう残虐表現は中国の史書や文学によく見られます。
つまり、どう考えても中国人的発想な出来事なんです。

まあ、当時20万人しか居なかった南京で30万人殺すって日本人スゲーとしか言いよう無いとこから話をどうにかしてくれないと。(笑)

「南京大虐殺」というフレーズが広がったのが発端といえる、
中国系アメリカ人であるアイリス・チャン女史による「THE RAPE OF NANKING」という著書がいきなり登場した年代も色々ありましたが、
まあ多くは語りませんが、女史の言い分や気持ちもわかるものの、これもまた一方的、というよりまた聞きレベルと言っていい曖昧な記述も気になる一冊で。

まあ、なんと言うのですかね。
…自分達に矛先が来ないように日本人がやった事として根強く植えつける必要があるのですよ。

え?
中国共×党が?って?

いやいや。"中国"とは限らんのです。


…という話になりますので、もうやめとく。



この間も拍手頂き感謝です!
近々(頑張って)何か晒します。






「アンポ」って、なんか可愛い響き

安保法案が16日には採決される…予定でしたが、やっぱ無理だったか。

某的には以前申した通り、賛成とも反対とも言えん部分がまだあるのですが、
安倍さんの説明、というか、賛成派の意見の方が筋が通ってる気がするのは確かで。

反対派の皆様の意見を聞くに、「9条に違反してるから」「戦争法案だから」と言うばっかりで、意外に反対理由がはっきりしない。

いえ、「次世代に戦争をさせたくない」という意見を多く聞きますし、不安になる気も解りますが、
安保法案の中で「積極的に戦争に参加」「徴兵制が適用される」とは一言も言って無い気がするんですが。

そもそも最近沸いた感のある某反対活動の若者達の話ですが、
こぞってメディアが賞賛する事を言ってます。
「こういう政治に興味ある若者、頼もしい」と。

そうですかね。(;_ _)
某は逆に思いますが。
と言うより、それは政治に若者が純粋に感心あれば、それは素晴しいです。

が、彼らは違う感じがするんですよね。

そもそも彼らは、なんでいきなり沸いたのでしょうか。
日本の平和維持運動というのなら、これ以外の活動もしてていいはず。
主張してる事もテンプレのような、解ってるのか解って無いのかといったような意見ばかり言うし。

噂によれば、某×産党さんに依頼されてるとか、多くの同調者は某宗教関係の人だけだとか。

なるほど。
何か、平和維持活動の名を借りた、デマに踊らされてる集団ヒステリーぽい感はそのせいなのかー…と、納得しそうですが、真意は置いておいて、
てか、ここまで言うと「完全にてめー賛成派じゃん」と言われそうですが、
それは最初に申した通り。
賛成派の方々の方の意見の方が冷静で、筋が通ってるからです。

まず某は安保法案を戦争(推進)法案とは思っとらんからです
一生懸命「戦争反対」と喚くなら、尚更、国の防衛を強くしなきゃ逆に被害が大きくなるだけだと思うんですが。

ニュースで反対派のイメージばかり目立つ上、賛成派が意見を申すと悪人扱いという風潮のせいで、何故かこの一部のデモ団体が国民全ての意見ぽく報道されるのも訳が解らないのですが、
これも逆言えば、何も言って無い国民は「異論なし」と受け取ってもいいのでは。
…という見方にもなってしまいます。



え?
もっとおもろい話ねーのか?とな?

残念ながら、最近ゲームはしとりませんナリよー。


 


安心してください。掃いてます。

台風過ぎ去り、我がK市に至っては冠水被害が酷い地域として報道されたせいか、色々なお方から心配メールを頂きました。

こういう時ほど、人の暖かみを有り難いと感じます。

今日は一変して暑く快晴なので、台風で汚れた玄関なぞを掃いてたりする。

トラジマ娘も、今日は安心して某のベッドで爆睡中です。

某の地域は全く被害無く(水はけの良いエリアなので)特に問題無かったものの、
特に栃木・茨城に御住まいの方々は大変だと思います。
まだまだ暑さが残るこの時期に、更なる問題なども起こったりするかもしれません。

今も上空はヘリがずっと飛び交ってますね。

さて、そんな中、台風被害状況なんぞを見ていたら、
やはり近隣国のお方が黙っていらっしゃらなかったらしく。
こんな事をおっしゃられていたようで。

【某、韓国の方々のコメント】

「猿に天罰が下った!寄付とか集めたりすんなよ。」

「全部安倍が悪いと思う。」

「天に召された慰安婦の人たちの涙だ。」

「久々にこころ温まる美談記事をみたよ。」

「日本が沈んだら移民者として受け入れようぜ。階級作って奴隷としてこき使おう。」

「神様、仏様、アラーの神、すべての神様、日本全体が水に浸かるようにしてください。
 あの人たちが戦争で殺した人数だけでも水に浸かって殺してください。」

「今まさにマグニチュード9.0の地震がくればいい。」

「こういうのみると、神様っているんだなぁって思う。」

「水泳の練習にいい。」

「ビアホールやってるんだけど、30万人死んだらおつまみ無料サービスするわ。100万人死ねばお酒も無料!」

「水でもかぶって精神を鍛えなおせばいい。」

「日本が罰を受けてる。まったく可哀想ってきにならない。」

「ほらな、ちゃんと謝罪しないからこうなるんだよ。」

「思ったより被害が少なくて残念ですね。一日も早く被害が大きくなるように願っています。」

「私達の北朝鮮挑発事件で戦争を期待してた報いだ!」


…なんと言うか、日本のネットでも韓国の災害などを嘲笑する言葉は見受けられますが、ここまで酷くはないなぁ。

3.11の時に「震災お祝い(し)ます」の垂れ幕をサッカー試合の時に晒したというのもまだ新しい記憶ですが、こんなで日本沈没してたら、既の昔に無くなってますがな(笑)

…というより、今時、自然災害=天罰って、この国独特の考え方なのでしょうか。

知人に韓国のお方が何人がいるのですが、皆様良い方で、一部の心無いネットユーザーの愚言のせいで、こういった人達まで嫌われてしまうというのは考えないのでしょうか。

某には、いわゆる「在日」と呼ばれる友達もいましたが、この子もとても良い子で、
「お願い。私が朝鮮人である事は誰にも言わないで…」と、子供ながらにコソコソと生きてる様子が凄く気の毒だった事を思い出します。

中韓さんは「過去の歴史問題」をやたら引き合いに出しますが、
これも結果的に、こういった人々を逆に追い詰めるという事にも気付いて欲しいものです。

過去を反省するのは大事ですが、それよりも良い友好を結びたいですな…と言いたいとこですが、
三国の国のトップが各国問題の全ての権化である以上、難しい問題ですねぇ…。



・・・台風の話をすっかり見失ったまま終ったりする。



安倍ちゃんZ。(乙じゃないよ)

台風の時期とはいえ、結構今年は連チャンだなぁと思う中、特に西日本の方々は大変と思います。

台風など気圧変化が多い時期は隠れ持病などが悪化するものでありますが、
某もここ最近、またリウマチ性関節炎がぶり返してしまいました。(_ _‖)

既にお医者に「和らいでも治る事は無い」と言われてる故、諦めてはいるんですが、
関節炎の市販薬が結構効くので常時飲んでるものの、最近の気候変化でまた戻った指関節の激痛と戦っております。

まだちと克明な報告は出来ないのですが、それでも只今、必死に作品執筆中です。
ブログを御覧になってる中に仕事関係者もいらっしゃるので色々言えないのですよ。(TT▽TT)

さて、お話変わり「安保法案」で世間は大騒ぎです。

メディアでは反対派の御仁のデモなどが強調されていますが、この法案には賛成派の御仁もいます。
が、「政治叩き」が好きなメディアはもちろん全国民が反対しているかのような報道を繰り返しております。

え?「おめーは賛成派なのか?」とな?

いえいえ。正確に言うと、もっとハッキリと境界線のある法案だったら賛成ですが、
結局は「安倍さんの判断で参戦するかどうか決める」みたいな法案でしょう。
これはちょっと…と思いつつ、周辺国の体制が変わってきている以上、日本の体制も若干変えていかなければならないのでは…という気持ちも有ります。

その周辺国の代表といえば中国さんですが、
中国で開かれた「国際ロボット展」で、なんと安倍総理がひたすら謝るというロボットを造り、
国内でも「これはただの自慰行為」と批判を受けているそうな。

こういう事はいけませんね。
他国の元首を侮辱するという行為は、流石に民度を疑います。
逆に日本が、"ひたすら埋め立て工事をする習近平さんロボット"なんぞを造ったりしたらデモ起きるでしょーが。

その安倍ちゃん謝罪ロボットはコチラです。↓

上海機械人展,驚現安倍謝罪機械人


日中会談控えてるはずなのに、これを容認て。


あ。この間も拍手頂き有難う御座います!



羽織るヒットラー。



ヒトラー総統がなんとまあ紋付袴とは。

なんかとてもお似合いなのが意外です。
総統は背も小さい御仁だったので、そこも似合う要因かと。(笑)

で、ここ最近話題になってるこの写真ですが、記事上ではこういう事らしく。

『英紙「デイリー・エクスプレス」電子版に発表され、英紙「デイリー・メール」電子版に掲載された。
両紙によると、この写真は1930年代に撮影されたが、具体的な撮影背景と期日は不明だが、
1936年11月にナチスドイツと日本の間で調印された防共協定を記念して撮影されたものではないかとされている。

「デイリー・メール」によると、ヒトラーは軍服のイメージが強いが、和服姿の写真はちょっと変わった印象でこっけいでおかしい。
ヒトラーはイメージを非常に重視し、気に入らない写真は全て封印していた。
今年4月に公開された、ヒトラーが封印していた写真には、「第三帝国の元首」が「威厳を損なう」とみなしたショートパンツ、膝までの長い白い靴下姿の写真がある。
「デイリー・エクスプレス」によると、この和服姿のヒトラーの写真は、他の写真に比べて最も異質的なもので、ヒトラーは永遠に人目に触れないようにしたいと思っていたものだと推測される。

今まで誰も見たことのなかったヒトラーの和装姿は、1936年に大日本帝国とナチス・ドイツの間で調印された日独防共協定(のちに枢軸体制へと発展)を記念して撮影されたと考えられている。
撮影者や撮影場所についてハッキリしたことは判明していないが、当時ヒトラーを崇拝する人々の間で出回っていた雑誌に収録されていたという。
今年の初めに発見され、ついに一般公開されたのだ。

軍服姿のイメージが強いヒトラーが着物で正装している様子は、確かに人々の意表をつくものだ。
しかし、この写真をもってヒトラーが日本人や日本文化を深く理解していたと考えるのは早計だろう。
彼は、著書『わが闘争』において、「一等種(文化創造種)はアーリア民族であり、日本人や他の民族は二等種(文化追従種)に過ぎない」と明確に定義している。
いずれにしても、戦後70年の節目となる今年、さまざまな新しい発見がなされているようだ。』


"しかし、この写真をもってヒトラーが日本人や日本文化を深く理解していたと考えるのは早計だろう。
彼は、著書『わが闘争』において、「一等種(文化創造種)はアーリア民族であり、日本人や他の民族は二等種(文化追従種)に過ぎない」と明確に定義している。"

この部分は正解だと思いますね。
実際はコンプレックスだらけだったという総統のエリート主義、また、そういう徹底したナチスの体制の中で日本文化の理解なぞ主張する訳なし。

この写真が本物なら、隠蔽してた理由はそこにもあるのでしょう。
ただ、その上で「着た」としたら、意外に総統は寛容な方のような気がしますが…(笑)

さてそんな中、第二次大戦中、ドイツと同盟国だった日本人の反応は、

「実はチャップリンじゃね?」

「"娘さんを下さい"って言ったら、無言で殴ってきそうな親父だな」

「ちゃぶ台とお茶と新聞紙も加えて欲しい」

…と、呑気なとても日本らしい笑うコメばっかですが、

やはり外国人、特に第二次大戦で因縁ある国の方々には心象宜しく無いのは元より、反応は様々のようです。

【海外の反応】ヒトラーが日本の着物を着てる写真が発見され海外で話題に!

しかしながら思うのは、なんでこのタイミングでこの写真なんですかね。
終戦70周年を見据えて感満載なんですが、

そんな訳で、こんな疑惑意見も出る訳です。

「ナチス=日本という反感を持たせる為の偽造写真(コラ)じゃないのか」

「某国の嫌がらせじゃないのか」

とか。

なんだろうなぁ。
この写真、コラだったらよく出来てるんですが、コラっぽくないんだよな。
外国人によるコラだったら、紋付袴とか選ぶかなと。
胸元の紋もここまで拘ってやるかなとも思うし、全体の写真の傷も違和感無いです。

ナチスドイツによる被害国・被害者の方々にはもちろん複雑な思いがあると思いますし、そこは悲しい歴史の一つとして同情いたしますが、
こういう写真はまた、新しい歴史(歴史的人物の一面)を知るのにも非常に貴重なので、他の歴史に関してもどんどん発見されたら嬉しいですね。




……とか言って、ホントに精巧なコラだったりして。



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Work site

           
           

★ぜひとも見て欲しい動画

selected entries

categories

archives

          

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
アクセスカウンター