三国志と占い。



三国志展まであと一か月くらいですかね。
無双とのコラボ企画を色々やってるみたいですが、それらも楽しみです。

三国無双キャラとの合成アプリなどもして遊べるらしいのでサイトをご覧になっていない御仁は是非どうぞ。
という事で、再度「三国志展」のご案内サイトを添付させて頂きます。


特別展・三国志


ここ毎日は香港のニュースが気になりつつ、各国それぞれと大変なご時世。

半年過ぎた現在、ちょっと占い師さんたちの2019年の予言を振り返ってみたくなる。

【占い師Aさん】

「2019年の年間占いをやってみました。
日本では元号が変わる年となった2019年ですが、星占い的にも天王星という約7年ほどの「時代」を象徴する星が星座を移動する、節目的な年と言えます。

更に言えば、木星は射手座に土星は山羊座に位置しているのですが、この2星の配置は言わば「自宅」です。
木星と土星はロングスパンの時間を司る星々なのですが、それらがもっとも純粋な自分で居られる場所にいることで、
やはり「時代」というものにある種のリセットが行われるような時間、というイメージがわいてきます。

今年は多くの人が不思議と、過去と未来に跨がる長期的な時間の意識を持つのではないかという気がします。
時間というものが今この瞬間だけのものでなく、私たちも日々刻々と変化を遂げ、誰もがいつか年を取るのだ、ということを、今年は多くの人が意識に上らせ、その思いを土台として様々な選択を重ねていくのではないか、という気がします。

さらに、広い意味で「世の中を支配している力」にもスポットライトが当たる年となるかもしれません。
経済力や軍事力、政治や宗教など、私たちの住む世の中は多くの力に支配されています。

支配する側からだけでなくされる側からも、多くの心理的な力が作用して支配関係が成立しています。
そうした、ごく広い意味での「支配関係」のありかたが、今年から2020年にかけて、あるいは2026年頃に跨がって、大きく変わっていくのかもしれない、という気もするのです


【占い師Bさん】

「日本では2019年、大吉星・木星が12月2日まで射手座を運行する年となり、射手座生まれは12年に一度のラッキーイヤーとなります。

民間から皇室に入られた雅子様も射手座で、彼女はついに日本の女帝となられます。
あなたが射手座なら家族の中で最も運が強いのですから、すべての家での決定権は握りたいものですね。

あなたが判断することはすべてうまくいきます。射手座のパパであれば出世してくれることもありそう。

木星は外国人、海外、法律、貿易、大学、軍事の星でもあるので、一年間それらのことにスポットが当たります。
また木星の幸運の角度を受けて、スポーツ、芸能など華やかな世界、警察、肉体にもスポットが当たりそう。

注目すべきは海外で活躍できるアスリート。
将来は一流会社の社員にさせたいと願う親より、将来は一流のアスリート、俳優にさせたいと願う親が多くなる年になります。
体操教室、卓球やテニス教室、スケートリンクなどが大賑わいするでしょう



【占い師Cさん】

国境を越えて、人や物やお金が移動する2019年です。
危ない時は、
2月19日頃から3月20日頃迄。
4月20日頃から7月23日頃迄。
8月23日頃から9月23日頃迄。
その頃、天変地異や事件やお金に、注意です。
人々は、優しさを求めますが、
現実は、過激で辛い時です。




…などなど。

赤文字部分なんですが…

毎年ありえる範囲の事じゃね?(TT▽TT)

という事で、引用させて頂いた占い師さんには失礼とは思いつつ、だから何だと言う話。


「三国志」で思い出しましたが、
大泉洋さんを劉備役に抜擢した異説三国志の映画がクランクインされ、来年公開らしいのでこれも来年見に行こうかと。
蒼天航路の劉備ぽくなりそう、と思いつつ、やはり大泉洋さんは"人たらし系"がハマり役なんですね。(笑)

「清州会議」くらいアホらしく作って貰えたら嬉しいかな(笑)。

「新解釈・三国志」クランクアップ特別動画









「アナと世界の終わり」(笑)

久しぶりに映画の話。

ちょっと見てみたいと思ったお馬鹿さん映画があり。

ゾンビ映画・ゾンビドラマ・ゾンビゲームが相変わらず量産されてますが、
SF近未来アクションジャンルと進化しつつワンパターンとなってきた昨今は、全くゾンビ系映画を観てないですね。

最後に面白かったと思ったのは「処刑山・デッド卍スノウ(Dead Snow)」「ゾンビスクール!(Cooties)」だったのですが、元々ブラックジョークホラーが好きな上に、
もうゾンビはギャグカテゴリーでいいんじゃねーかという考えの中、これはとても待ってた感があります。(笑)

その名も
「アナと世界の終わり(Anna and the apocalypse)」

史上初のゾンビミュージカル映画という(笑)


「アナと世界の終わり(Anna and the apocalypse)」トレーラー

ゾンビ映画としては、
ジョージ・A・ロメロ監督による元祖の「死者たちの夜(Night of the livingdead)」で幼少の頃にトラウマを植え付けられ、次作であり、今の全てのゾンビ作品のベーススタイルを作り上げた「死者たちの夜明け-ゾンビ-(Dawn of the dead)」で大好きになり、
それ以降は虱潰しにゾンビ映画を見まくったわけですが。

ここに好きゾンビ映画の一つとして加えたい、昔に観た
「ゾンビ伝説(The Serpent and the Rainbow)」という映画もあったりする。

酷評ばかりが目立つ映画ですが、
邦題のせいでゾンビ映画だと思って観た人たちのガッカリ評なだけで映画作品としては秀作だと思います。

初めてゾンビ視点で描いてるシーンがある映画で、
ゾンビ発祥のタヒチでの国家レベルの秘術としてゾンビの存在、人をゾンビにする過程などがリアルに描かれてたりも。

「エルム街の悪夢」でお馴染みのウェス・クレイヴン監督という事もあり、神秘的で、現実と幻覚の境目の演出がとても良いです。
群れるゾンビに飽きた、もしくは嫌い、という御仁に機会あったら観て頂きたい映画です。

「ゾンビ伝説」トレーラー


最近、昼間は暑いですねー…



香港に居た時の話。

令和の年に入ってから、初めての日記になりますかね。

先月末に「平成お別れパーティ(?)」をしつつ(笑)、
最近、極度の体重減少で若干不調気味だったのですが、
まあ、ブログを読んで下さってる身近な人達に余計な心配かけるので、あまり持病とかの話は辞めときますが。

ここ最近「また海外に行きたいな」と思うものの機会も時間もなく。
そんな中、時々香港に住んでた頃の自分が住んでた街をGoogleMapで見たりするのですが、

いやー、変わったなぁ。

コンビニとかファミレスとか出来てて便利そうで。
あの頃、こんな店あったらなぁーと思いつつ、
向こうでの知り合いだった人のお店も無くなってるようで少し悲しい気もしたり。

香港で困ったのは、コーヒーが飲めないという事だったかな。
アイスコーヒーとかあるんですが、ホットコーヒーに氷と多量のミルクと砂糖を必ずぶっ込まれてるので、生温い激マズなコーヒーしか飲めない。

ちょっと離れた所にポツンとあったファミレスで唯一正当なコーヒーが飲めただけで、他にはスーパーでインスタントコーヒーの粉を買って造るという手もあったのですが…

このインスタントも激マズだったな(TT▽TT)。

と言ってでもですね、香港はお茶が主流なので中国茶・紅茶は美味しいし、茶房(茶店)も御洒落なとこ多いですよ。
点心とか中国料理やスタンドフードは普通に美味しいんですけど、
…朝から食堂に言っても殆ど重い食事を強いられるという苦労を今も覚えてるのですが、今はそういう感じも変わったのかな。

ちなみに、香港の人はとっても人柄が日本人に近いです。
ジョークセンスもあるし、愛嬌あるし、「日本人だから」みたいな線引きもしないし。
何より多国籍な国なんで色々な国の人と遊べて面白かったかな。(当時はインドの人が多かった)
時々、とてもマナーの悪い人が居ますが、必ずといっていいほど中国本土からの旅行者です。

その頃も、実は「反日デモ」というのがありました。

しかしながら、行進してるのは全員中国からの参加者で、香港の人は冷ややかに見てた記憶がありますね。
逆に日本人の某に対し「中国人が扇動してやってるだけだよ。気にするな。」と気にかけて下さってました。

で、そんな話をすると「何語で接してたの?」と、よく聞かれるのですが、
今考えると滅茶苦茶な言語交流してた気が(笑)。

早い話、日本語が解る人には日本語混じりではあるんですが、
基本は英語+広東語+日本語の混合で会話してたような。
今思うと、よくあんな雑な言語で交流できてたな、と。

もちろん、香港在住の日本人の方もいたのでそんな人達ともお知り合いになったり。
後半は、日本人の旅行者の方を観光地や穴場へ案内したり、お店の間違った日本語看板を「おっちゃん、あの日本語おかしいよ」とか訂正して回るというお節介したりとか、そんな事してたりしてましたかね(笑)。

訂正指定されたお店の方達は大概日本語を勉強したい、という希望がある御方が多かったので、
「もっと日本語を教えてくれませんか」「日本の話を聞かせて欲しい」とか、お茶出してお部屋に招いてくれたりして優しく熱心な人が多かったな。

当時は広東語も少し話せてたんですが、もう忘れちゃったなぁ…(笑)
日本に帰ってきた直後も漢字を全部広東読みで話してしまうという癖が抜けず、
暫く周囲に「何言ってるか解らない」とか言われたり、外見も香港人に染まってたせいか、遠目でも近目でも日本人に見えなくなったとも言われてましたね。(笑)

今は時々香港映画見ていて、台詞を聞いてて広東語を少し思い出してくるってレベルです。


と、特に言う事も無いので、香港滞在時の話してみた。


この間も「いいね」ポチ有難う御座います。








calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Work site

           
           

★ぜひとも見て欲しい動画

寒い時期クルマを使う人へ教えてあげて(クリック)↓


猫バンバンプロジェクト

selected entries

categories

archives

          

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
アクセスカウンター